リレーエッセイ

柿木村で生きてまーす!<1>

円山洋輔(ケンモリ事務局)

はじめまして。「日本に健全な森をつくり直す委員会」の事務局員として、2019年3月 に人口150万人の神戸から、人口6000人の島根県吉賀町柿木村(合併する前は 柿木村)に移住をした円山洋輔と申します。都会に住む同世代の若者たちへ向けて田舎生 活の魅力を発信し、環境省の「“森里川海”の思想」を広めようと奮闘中です。 せっかくなので、僕が奮闘している様子を皆さんにもお伝えしたくて、エッセイを始める ことにしました。 第一回目は、僕の大学生時代から、運命を左右する事にもなった当「委員会」の事務局長 である天野礼子氏と出会うまでの話です。 1. 「環境問題」から「日本文化」へ 僕は現在25歳で、3年前までは近畿大学総合社会学部に通い「地球環境・まちづくり」 を専攻していました。入学した動機は、いま思うと少し偏った見方をしていたなと思うの ですが、…続きを読む